アイケアしてますか?

スマホ老眼やパソコンの普及による目の疲れなど現代人はものトラブルを多く抱えています。しっかりとアイケアしましょう!
MENU

近年増えている、調節性眼精疲労とは??

眼精疲労
眼精疲労という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。

 

これは休息すれば回復する「眼疲労」とは異なり、休息を取っても目の痛みや頭痛、肩こりなどが残るものを指します。

 

眼精疲労の原因は目の病気、生活環境、ストレスに大別されますが、最近増えているのが調節性眼精疲労と呼ばれるものです。

 

これは目のピント調節を行う筋肉が過剰に緊張して起こります。遠視・乱視・老眼といった視力に伴うもののほかに、近くのものを長時間見続けることによってピント調節機能が低下することが挙げられます。

 

 

スマートフォン
調節性眼精疲労の患者が広まっている最大の原因が、昨今のパソコンやスマートフォンでの長時間作業です。

 

ビジネスでもプライベートでもこうしたモバイル機器を長時間使っていると、目のピントが常に同じ距離にのみ合わされることにより、ピント調節がうまく働かなくなります。

 

また、モバイル機器から発せられる強いブルーライトを目に浴び続けることで、目へのダメージが蓄積されます。

 

 

調節性眼精疲労を予防するには、時折画面から顔を上げて遠くの景色を見るようにしましょう。

 

遠近のピント調節を頻繁に行うことで、筋肉の緊張状態をほぐすことができます。

 

蒸しタオルで目の周りを温めることも有効です。

 

 

目の痛みや頭痛、肩こりがひどく、長期間続く場合は、眼科へ相談しましょう。

 

 

感覚器官のうち最も酷使していると言われる目を守るために、パソコンやスマートフォンで作業するときは意識的に休憩をはさむようにしましょう。

このページの先頭へ